パトカーに使われる車種と排気量

世界を見渡してもオイルマネーに沸くドバイ首長国ほど金持ちな国はありません。
それもそのはず全世界が石油を必要とし、追い求めているのですから売り手市場になるのも分かります。国中を見渡しても世界で一番高い建造物であるブルジュ・ハリファや世界で一番大きな人工島であるパームアイランド、ドバイといえばすぐに思い描くブルジュ・アル・アラブなどすべて世界が石油を買うためにドバイに落としたお金で建てられているのです。
当然、生活に密着した部分に関してもかなり豪華で、金銭的に抑えられる傾向にある公共機関においても贅沢三昧なのです。
Read more…

0 Comments
6月 17, 2014

下取りを値引きに使うな!

新しい車を購入する時に今乗っている車を下取りに出すことになると思いますが、その際に気をつけてもらいたいのがその下取り額を新車購入の値引きに利用させないという事です。ディーラーの営業マンが値引きを迫られた時に必ず使う手がこの下取り額、現金値引きができない、オプションなどで実質値引きができないとなると必ずといっていいほど「では、下取り金額を5万円上乗せします」というセリフです。
下取り金額というのはディーラーでは車の状態などは関係なく車種と年式とボディカラーでほとんど決まってしまうといういい加減なもので、最初に提示された下取り額もかなり余裕のある金額であることが多いのです。値引きをしたくないディーラーはその余裕のある下取り金額をあたかも無理して高くしました的な感じで言ってくるので、普通の人はそこで妥協してしまうのです。
Read more…

0 Comments
3月 26, 2014

最近のトヨタ車の特徴

トヨタといえばコスト削減に躍起になっている自動車メーカーですが、それによって車の作り方が変わってしまいました。車というのはどんな自動車メーカーでも車種一つ一つに専用パーツを用意して、デザイン的、構造的に影響がない部分に関しては共通パーツや他社のパーツを流用するという事を行いますが、トヨタの車の場合はその逆です。
流用パーツを基本として、それにどうしても個性を持たせたい部分のみ専用パーツを用意するという形で作られているので、いろいろトヨタ車に乗ってもどこか見たことのあるパーツやデザインに気が付くことが非常に多くなってきているのです。

特にエンジンは、1つのエンジンでいろいろなものに使いまわされる傾向があり、目立つのが1.3リッターから2リッタークラスに使われるエンジンです。
ウィッシュに2リッターモデルに使われている3ZR-FAE型は、ノア、ヴォクシー、アイシス、アリオン、プレミオなどに使われていますし、1.5リッターの1NZ-FE型もヴィッツをはじめ、オーリス、カローラ・ルミオン、スペイド、ポルテ、シエンタなどに使われています。
Read more…

0 Comments
3月 5, 2014

驚きの最大トルク

車が好きで普段、乗用車などの諸元表やスペックなどを気にしてみることが多いのですが、たまにトラックなどの諸元表を見るといつも驚かせられることがあります。それがエンジンのパワースペックについてで、排気量に対する最大出力というのはそれなりなのですが、最大トルクがすさまじい事に驚いてしまいます。
Read more…

0 Comments
1月 14, 2014

余計な荷物積んでいませんか?

世の中、エコだ燃費だといって騒いでいますが、そのおかげで、ハイブリッドカーや低燃費車がかなり売れています。
燃費を向上させるのは、エンジンを動かす時間を短くすればいいというのがハイブリッドカーの考え方、エンジンはほとんど動いているが、アイドリングストップでなるべくエンジンを止めるようにして、更に空気抵抗を抑えて無駄のない走りをさせようというのが低燃費車です。
しかし、これらのエコカーといわれるものは何もエンジンを止めることや空気抵抗のことだけを考えているわけではありません。
特にガソリンエンジンで走るエコカーは車両重量にも気を使っており、いたいるところで軽量化の努力をしているのです。
Read more…

0 Comments
1月 7, 2014

車両保険の必要性

自動車の任意保険の中に、車両保険というものがあります。事故を起こした時に故障した自分の車の修理費などを保証してくれる保険です。ほとんどの保険会社がこの保険を提供しています。
ですが必ず入っておいたほうがいいというわけではありません。
例えば中古で10万円程度の格安で買った車で事故を起こしたとします。どれだけの故障でも、払いきれないほどの修理費になることはありません。保険によっては「15万円は自己負担」などの制約がついていることもあるので、あまり得をしません。ただし数百万円の車で事故を起こしたとしたら、修理費も高額になるので、事故を起こしそうな人は加入しておいたほうがいいです。
Read more…

0 Comments
1月 6, 2014

外車の車検は費用がかかる

外車を車検に出すと、ほとんどの場合部品の交換などの整備を勧められます。
国産車と違って、外車の整備では必要な部品を取り寄せなければならないので、タイミングのいい時にやってしまったほうが楽だからです。
でも、車検の際に整備も一緒にすると、車検代(10万円前後)+整備費がかかるので、それなりに費用がかかります。
車種によっては30万円近くになってしまうこともあります。
あまり費用をかけたくない時には、検査のみの車検にしてもらうこともできます。
ただ、1年も保たなそうな部品があるときは、必ず交換してもらってください。
Read more…

0 Comments
11月 26, 2013